大人になってもできてしまうニキビ・・・

ニキビは思春期にしかできないものと思っていたら大違いです。
大人になってもできてしまうのがニキビ。

 

本当に厄介ですよね。

 

先日ちょっと飲み会があって久しぶりにお酒を飲んでいました。
それなりに楽しい飲み会だったのですが、朝起きるとビックリ。

 

顔にニキビができていたのです。
うわーーやっちゃったー。。

 

と大ショックでした。
大人になってもニキビはしっかりできてしまうのですよ。

 

そもそもニキビはなんでできてしまうのかって考えたことはありますか?
原因は単純。

 

毛穴から排出される皮脂が詰まってしまっていることです。
皮脂ってのはそもそも体を乾燥から守るために分泌されるのですが、
これが毛穴からちゃんと分泌されないとそれにアクネ菌などが集まってきて炎症を招いてしまうのです。

 

だから、年齢にかかわらずニキビはできる可能性があるということ。

 

大人になってできるニキビは大人ニキビと言われたりしますが、
対処法はひとそれぞれです。

 

ポイントとなるのは、自分の肌タイプをしっかり把握することです。
乾燥肌なのか、普通肌なのか、脂性肌なのかで対応が変わってきます。

 

脂性肌の人しかニキビができないと思い込んでいる人がいたりしますが、決してそうではありません。
乾燥肌の人でもニキビはできてしまうのですよ。

 

乾燥肌の場合は、肌の表面が角化といって硬くなってしまうことで、
皮脂の排出を阻害してしまいます。

 

私もなのですが、そういう人は肌の表面を常に柔らかくすることを心がける必要があります。
私はビバレインというクリームを使用して対処しています。

 

ジュエルレインというのもあるのですが、これは背中ニキビ用。
ビバレンンは顔用ということで使用しています。

 

ジュエルレインとビバレインは使用する箇所によって使い分けるとよいですよ!